PMSは生理前の不快な感情のこと|対策法を知ろう

症状が重く辛いときは

女の人

専門家のもとで治療を

生理痛も辛いものですが、生理が始まる前のPMSも辛いものです。生理前になると無性にイライラしたり、ストレスを我慢できなくなったり、頭痛や吐き気などの体調不良で悩んだりする女性は、決して少なくありません。原因は女性ホルモンの変化だと言われていますが、ただガマンするだけでは、いずれ限界がきてしまいます。あまりにも辛い場合には、具体的な治療についても検討するべきでしょう。PMSの治療は、産婦人科を受診することからスタートします。医師の診察のもと、治療が必要だと判断されれば、低用量ピルが処方されます。ピルと言えば避妊薬というイメージも強いですが、ピルを服用することで生理前のホルモンバランスの変化を、穏やかにすることができます。生理痛軽減対策としても活用されますが、それと共にPMS改善対策のためにも使われています。低用量ピルを活用することで、自身の心と身体と、上手に向き合うことができるはずです。またPMSの治療には、漢方薬が使われることもあります。漢方の中には、東洋医学でいう「気の乱れ」に効果があるとされる薬も多々あります。PMSの具体的な症状について専門医に話、ベストな対策ができる漢方薬を処方してもらいましょう。自身のPMSの原因と、向き合うことにもつながるはずです。症状がひどくない場合は、事前の対策で乗り切れることも多いはずです。しかし本当に我慢できなくなったときには、より積極的な治療を検討してみてください。