PMSは生理前の不快な感情のこと|対策法を知ろう

生理前の体や心の変化

困るウーマン

あきらめずに対処を

女性の方なら「PMS」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。PMSとは、生理前の2週間くらいの間に起こる様々な体や心の不調や変化のことを表し、日本語では「月経前症候群」と言います。PMSという言葉を知らない人でも、生理前に体がだるくなったりイライラするなど、心当たりのある症状があるという人は多いでしょう。それはPMSの症状の一つである可能性が高いです。生理前の体や心の変化は辛くても仕方がないこととあきらめている人も多いとおもいますが、自分でできる予防法や、あまりにひどい場合は病院を受診するという対策もあるので、ぜひチェックしてみてください。まず自分でできる対策としては、ストレスをためない、睡眠や休息を十分に摂る、無理をしないなど、なるべく自分自身をリラックスさせてあげることが大切です。たとえば、ハーブティーを飲んだり、好きな本や映画を見て、なるべくリラックスして好きな時間を過ごす、簡単な対策なようで忙しいとなかなかできないことです。また、サプリメントを摂るのもおすすめです。サプリを摂ることで、体内の乱れてしまったホルモンバランスを整える効果があると言われているので、PMSの症状を落ち着かせてくれるでしょう。症状が重い場合は婦人科を受診しましょう。病院に行くと、漢方やピルなどを処方してくれる場合が多いようです。生理前の不調を仕方ないとあきらめないで、ぜひ自分なりに対策をしてみてくださいね。